介護を考えた住宅

介護リフォームをおこなうことで、その建物では要介護者は快適に生活できるようになります。手すりにしっかりとつかまることで安全に体を起こしたり移動したりできるようになりますし、ドアが開閉しやすいため出入りも楽になります。

この記事の続きを読む

介護のために

最近では、高齢化社会ということから、多くの方が積極的に高齢者でも住みやすい住宅を目指して介護リフォームを行なうようになりました。住宅の中にバリアフリーを設置することによって介護などもしやすくなります。

この記事の続きを読む

施設への導入

介護士の仕事はとても大変で、多くの仕事をこなさなければなりません。そこで、近年導入されるようになったのが介護支援ソフトです。このソフトの利用で事務作業などの負担が軽減されるということで多くの施設で導入されています。

この記事の続きを読む

掃除している人

介護ソフトの利用

現在、様々な職場でIT化が進んでいます。介護現場にもIT化の波は訪れ、日々の記録や請求業務が勘弁に出来る介護ソフトが次々に開発されています。 介護現場で頭を悩ませる業務の一つにシフト管理があります。介護現場のシフトは非常に多岐に及ぶ為、日々のシフト管理に難渋する事業所が多いと聞きます。この様な背景もあり、介護ソフトを使用した勤怠管理を行なう事業所が増えてきています。 導入する場合、多くのソフトウェアでは初期費用と月額の使用料がかかる事が一般的です。初期費用や月額使用料は使う規模によって大きく異なります。小さな事業所であっても、導入するには数万円程度の初期費用とランニングコストが必要でしょう。詳しく知りたい場合は、介護ソフト会社に見積もりを出してもらう事が出来ます。

この様に介護ソフトを使用してシフト管理を行なう事の利点は数多くあります。一番の利点は、管理者、雇用者共に事務手続きにかかる時間や手間を大幅に削減出来るという点です。特に介護業界では常勤換算や人員配置基準により介護報酬が左右されます。これらの手続きを自動的に計算してくれる事で請求ミスが無くなるだけでなく、事務作業の効率化も期待出来るでしょう。 また、管理者が職員の勤怠状況を管理しやすくなるという事も利点に挙げる事が出来ます。出勤、欠勤の状況や残業状況等が一目で分かる様になる為、経営戦略が立てやすくなります。既に、介護ソフトを導入しているという事業所は、手持ちのソフトウェアに対応したシフト管理ソフトを使用する事で、より戦略的に人員配置を行なう事が出来る様になるでしょう。